企業法務

良くある企業法務についてのお悩み

  • 未入金を続けている取引先に、強い追い込みをかけてほしい
  • 新規に契約書を作成する場合、どのような項目が必要なのか
  • 従業員から訴えられないような企業体質に変えていきたい

企業法務について弁護士に相談するメリット

良く言われることですが、何かが起きてからではなく、起きる前にリスクヘッジをしておきましょう。
多数の事案を経験している弁護士なら、実例に沿った解説が可能です。どのようなリスクが考えられるのか棚卸しをするだけでも、損害に対する意識が変わってくると思います。

債権回収に関する相談事例

ご相談内容

取引先からの支払いが滞るようになり、同業から不穏なウワサも流れてきています。
破産される前に、強い態度に出るべきでしょうか。

法律相談でのアドバイス

相手の状況確認を優先しましょう。
その会社が「動いている」のであれば、他社に対する債権などを抑えることも可能です。一方、「動いていない」のであれば、すでに資産を担保として取られていることが考えられます。

ご依頼を受けて

同業などへのヒアリングから、間もなく「死に体」になるであろうことが予測できました。
そこで、訴訟を提起する共に会社財産への仮差押えを実施。最終的には、売掛金の一部を即時支払うことで和解に持ち込みました。

弁護士の一言

相手先が焦げ付き、燃え尽きてから行動を起こしても、回収すべき資産は残っていません。
他方、「動いている」限りは、回転を止めたくないので、交渉に応じてくる余地があります。早めの相談を心がけてください。
滞納何カ月目とは一概に言えないため、経営者の直感で構いません。「やっぱり」ではなく「もしかして」の段階で、行動に移しましょう。

契約書作成と確認に関する相談事例

ご相談内容

取引先から契約破棄による多額の違約金を請求され、抗議したところ、「取り交わした契約書に定めてある」とのこと。
担当者が良く確認をせずに署名・なつ印をしてしまったようですが、どうにもならないのでしょうか。

法律相談でのアドバイス

契約書の内容が合法の範囲であり、ご依頼者が締結をしてしまった以上、「知らなかった」では済まされないと思います。
ある程度の交渉はしてみますが、一定額の支払いを覚悟するしかないでしょう。

ご依頼を受けて

ごく一部の減額を認めてもらいました。書面が残っているのであれば、裁判などを利用しても、むしろ逆効果です。
契約書の締結時には、忘れずにリーガルチェックをお願いいたします。

弁護士の一言

契約書で最も多いのは、「トラブルになった場合、どちらが責任を追うのか」に関する項目です。
大抵の場合、作成した側が有利な内容を盛り込みますので、くれぐれもご注意ください。

社内トラブルに関する相談事例

ご相談内容

ハラスメントを起こしている従業員がいます。被害者への対応と合わせて、どう処分していけば良いでしょうか。

法律相談でのアドバイス

気をつけたいのは、問題の従業員から「反訴を起こされること」。被害者側の意見を聞いただけの見切り発車は、大変危険です。
関係者へのヒアリングとともに、裏付けとなる証拠を集めていきましょう。

ご依頼を受けて

賠償金額とその後の人事配置について、起こった事実と過去の類似例を照らし合わせながら、適切なアドバイスをお示しいたしました。

弁護士の一言

会社が積極的に出て行くのか、本人同士に任せるのか。あるいは、弁護士がどこまで絡むべきなのか。検討すべき観点は多岐にわたります。
ケースに応じて、適切な対応を打合せしていきましょう。

ベンチャー企業の方へ

スピードを優先する社風や業務の特殊性などから、契約書を交わさない場面が散見されます。うまくいっているうちは問題ないでしょうが、トラブルや担当者が変わったときのフォローは大丈夫でしょうか。
文章による裏付けがないと、裁判を利用しても長期化するでしょう。このコストと時間を考えたら、同時進行でも構いませんので、書面に残しておくことをお勧めします。

弁護士大窪のコラム 桜丘法律事務所

法律相談であなたのお悩みお話ししてみませんか?

法律相談は、今後に対する見通しを立てるプロセス。
正式依頼は、具体的に関係者などへ働きかけていくプロセスです。
この両者は全く異なりますので、別物としてお考えください。
法律相談で得た知識を元に、ご自分で進めてみても良いでしょう。

桜丘法律事務所 弁護士 大窪和久 TEL:03-3780-0991 受付時間 9:30~20:00 定休日 土曜日曜・祝日 住所 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-6 渋谷協栄ビル7階 24時間WEB予約。受付時間外はこちらからご連絡ください。 WEBでのご予約・ご相談はこちら
sp_bn01.png
予約はこちらから